• ホーム
  • 男性がクラミジアに感染して悪化するとどのような症状が現れますか?

男性がクラミジアに感染して悪化するとどのような症状が現れますか?

2020年02月06日
薬を飲む男性

性病に感染すると性別によってあらわれる症状に違いがあるので、男性がクラミジアに感染した恐れがあるときは、女性とは違った症状があらわれることを知っておく必要があります。そして、クラミジアの症状が悪化すると男性にしか起こらない病気になることがあるので、どのように悪化するのかということも知っておくことが大切です。男性がクラミジアに感染すると尿道に症状があらわれますが、そこから他の男性器まで症状が広がってしまうので注意しておきましょう。

まず男性がクラミジアに感染してしまうと尿道に炎症が起こるケースが多く、尿道の痛みやかゆみ、膿の分泌などが異変として感じられるようになるはずですが、これを放置しておくと身体の奥へと病気が広がっていきます。初めは尿道炎や膀胱炎のような症状を経験することが多いはずですが、悪化するにつれて前立腺炎や精巣上体炎などの病気を招くようになってしまうでしょう。早いうちに治療しておけば前立腺炎や精巣上体炎を引き起こすことは少ないですが、感染に気づかなかったり治療を行わなかったりすれば、これらの病気にまで進行してしまう可能性があります。

男性がクラミジアに感染して悪化すると前立腺炎や精巣上体炎になる恐れがありますが、ここから不妊症になってしまう可能性もあります。男性器に炎症を生じてしまったときに上手く治療することができなければ、精子を上手く作ることができなくなり、無精子症になってしまうことがあるようです。前立腺炎や精巣上体炎まで悪化しても治療すれば大丈夫だろうと思っている人もいると思いますが、発見が遅れてしまった場合は手の施しようがない状態になっている可能性もあるので、注意しておかなければなりません。男性が理由で不妊になることは少ないと思っている人も多いですが、クラミジアの悪化から不妊症になってしまうこともあると理解しておく必要があります。

クラミジアに感染して悪化した場合、性器や生殖器に病気が広がってしまい、様々な病気を引き起こす原因となってしまう可能性が高いです。もしクラミジアに感染したとしても、早いうちに発見して治療することができれば大きな病気にならずに済むので、早期発見や早期治療を心がけておきましょう。男性がクラミジアを悪化させた場合は前立腺炎や精巣上体炎から不妊症になることもあると理解し、重い症状を引き起こすことがないように日頃から性病の予防や早期発見に努めることを忘れないでください。